FC2ブログ

    --

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2006

07.13

レッスン日記

またもや、レッスン終了→帰宅→昼食→お昼寝と順調にすごしてくれているあさちゃん
あとは、せめてお昼寝2時間以内にしたいところだ。

今日のレッスンはあさちゃん順調でした
なんとか名前と年齢も言えていたし、促されれば英語も少しは言っていた。

2歳児には"How are you?"と"How old are you?"
の区別はなかなか難しいのかな?
だいたい、どちらの答えも"I'm two."だけど。
そりゃ同じ"How~"で始まるけれども、なかなかあさちゃん区別できない。
今度"How old are you?"
って、"old"を強調して、違いを教えてみようか。

いや、"How are you?"の方をわかってもらいたいのだ、やっぱり歌か。

今日した"From head to toe"を使ったアクティビティはとってもよかった。
From Head to Toe
Eric Carle
0694013013


"From head to toe"にでてくる、動物達が壁に張ってあって、ママが絵本のように"I am a penguin~"と言って、子供が動作をしながら"I can do it."と言うのだ。
意外と会話っぽくできてよかった。

本を読みながらしていると、ついつい自分もその動作をしながらするのであさちゃんがどのくらい分かっているのかよく分からなかった。
だいたい分かっているみたいだった。びっくり。

が、やっぱりというか、だろうな~というのは、
"I wriggle my hips."と"I wiggle my toe."はどちらもおしりフリフリしていた。
私自身、似たようなな発音だし、似たような意味だしよく区別できてないもの。
で、"hips"と"tow"のところで区別してくれ、あさちゃん。

"Where do monster live?"と言う絵本を読むときには、あさちゃんいつも初めにでてくる家は自分の家、ストライプのモンスターはあさちゃん、水玉のモンスターはママとなっていうようだ。
うちで真似して絵本を作ってみたのだけれど、うちでもやっぱり同じ、
ストライプモンスターはあさちゃん、水玉モンスターはママと言っている。
まあ、がんばって絵本をまねして作った割には覚えてくれたり愛着沸いてくれたりしている様子はないので、割に合わない…買ったほうがいいね。




昨日のブログに書いた、英語を英語で教えるべきか日本語でも教えるべきかについて、今日読んでいた本にもそんな風なことがのっていたので参考に。

0歳からの遊んで覚える英語の本
七田 眞
4873662702



今日読んでた本「遊んで覚える英語の本」には、言語を教えるのには直接法(ex.英語を英語で教える)間接法(ex.英語を日本語で教える)があり、どちらの方法が効果的かカナダの生理学者や心理学者などが研究したそうです。
カナダではフランス語英語と2つの母国語を話す地域があるので、そこで研究。
9歳くらいまでは直接法、それ以降は間接法の法が効果的だそう。
フランスでも植民地の子供を調査した結果、6歳くらいまでだったら、直接法のほうがフランス語を習得できたんだそうだ。
6歳過ぎると絶対音感も見に付かないんだそうだ。

ってことで、まだ2歳のあさちゃんにはできるだけ英語は英語で教えた方がいいのかな。


****************************

ブログランキング幼児教育に参加してみました
クリックしてくれたら嬉しいです



****************************
スポンサーサイト

Duckling party レッスン日記
トラックバック(0)  コメント(4) 

Next |  Back

comments

そういえば・・・紗夢ちゃんも2歳の時は”How are you?"と"How old are you?" の区別難しいようでしたよ(^^)b
私もoldを強調していたような気がします(^^;
そういえば亜琉くんは、あまり気にならない・・・。

直接法と間接法、勉強になりました♪
まだうちの子供たちも直接法でいいのかな(^^)
たくさんインプットしておけば、英語耳が育ちますものね♪今できることをたくさんしておこう(^^)

しゃらまむ:2006/07/15(土) 06:23:21 | URL | [編集]

あさちゃんママはほんとに勉強家ですね~!感心します。見習わねば。

今のうちはほとんど直説法でいいと私も思います。ただ、たまに頑固な子もいて(笑)、猫を"cat"と認識させようとしても『猫でしょ?猫だよねえ?』と非常にこだわる子もいます。(日本で生活して当然日本語も習得していますから、当たり前といえば当たり前ですよね。)私はそういう場合はこちらも柔軟に対応して英語で『そうだね。英語では"cat"だね。』と子どもの知識も肯定しつつサラッと言ってあげるのも1つかなと思っています。(英語で言えたなら結局は直説法になる?かな?)

いずれにせよ英語育児をはじめ育児っていうものには、これが正解って言うものはないんだろうな~と思っている今日この頃です。

めいみんママ:2006/07/16(日) 16:48:46 | URL | [編集]

しゃらまむさんへ
>私もoldを強調していたような気がします(^^;

へぇ~やっぱり考えることは同じなのかな。
亜琉くんは物覚えが早そうですね。お姉ちゃんの影響かな?

子供のほうが早く英語耳になりそう。
一歩先を行っていたいのだけど。

asamama:2006/07/18(火) 14:13:12 | URL | [編集]

めいみんママへ

勉強家?!う~ん学生時代勉強していなかったつけというか、後悔からか…って、読書は好きなのですが、机で1人勉強は苦手。
旦那には1つのことを深く勉強しろ、広く浅くじゃ身につかん!と色々手を出して中途半端になってしまう性格を説教されちゃいますv-393

>英語で『そうだね。英語では"cat"だね。』と子どもの知識も肯定しつつサラッと言ってあげるのも1つかなと思っています。

そんな風に上手に言ってあげたいです。

育児に正解はないんだな~と私も感じます。
まあ、親心として良い選択をして良い環境をと思うと欲張ってきちゃいますね。
結局は親そっくりに育ったりして…

asamama:2006/07/18(火) 14:31:25 | URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。